このリリースノートについて

本書は、Sophos Anti-Virus for macOS Preview のリリースノートです。

注: 以下の一覧に記載されている最新版は、リリースノートが公開された時点でダウンロードできる状態になっていない場合があります。これはソフトウェアのリリースが数日間にわたって行われるのに対し、リリースノートはソフトウェアリリース初日に公開されるためです。

バージョン

コンポーネント

Sophos Anti-Virus

9.9.6

2019年11月

9.9.5

2019年10月

9.9.4

2019年 9月

9.8.5

2019年8月

9.8.4

2019年4月

9.8.2

2019年1月

バージョン 9.9.6

本リリースではパフォーマンスが改善されています。

修正された問題点

ID

説明

MACEP-4493

Web ページを読み込むことができないことがある、という断続的な問題を修正しました。

MACEP-4600

脅威ケースの作成が有効になっている場合のメモリ使用率が改善されました。

MACEP-4602

ディスク暗号化を使用する際に、man8 ディレクトリのアクセス権が変更される問題を修正しました。

MACEP-4606

MDM プロファイルを使用する際の macOS 10.15 Catalina のサポートが強化されました。

バージョン 9.9.5

新機能

  • このリリースでは、macOS 10.15 Catalina のサポートが改善されています。

バージョン 9.9.4

新機能

  • 本リリースには、macOS 10.15 Catalina のサポートが含まれています。
  • 本リリースでは、セキュリティとパフォーマンスが改善されています。

アップデートされたコンポーネント

脅威検出エンジンのバージョン は 3.77.1 です。脅威検出エンジンの詳細は、Sophos Threat Detection Engine リリースノートを参照してください。

修正された問題点

ID

説明

MACEP-4414

macOS 10.14 Mojave 環境で Captive Network Assistant ページを読み込むことができないことがある、という断続的な問題を修正しました。

バージョン 9.8.5

修正された問題点

ID

説明

MACEP-4314

アップデートが成功したにも関わらず、アップデートに失敗したと Sophos Anti-Virus が誤って報告することがある問題を修正しました。

バージョン 9.8.4

アップデートされたコンポーネント

脅威検出エンジンが 3.76.0 に更新されました。脅威検出エンジンの変更内容の詳細は、Sophos Threat Detection Engine リリースノートを参照してください。

修正された問題点

ID

説明

MACEP-3604

macOS 10.14 Mojave において、キャプティブポータルが設定されている Wi-Fi ネットワークに接続できないことがある問題を修正しました。

バージョン 9.8.2

アップデートされたコンポーネント

脅威検出エンジンが 3.75.0 に更新されました。脅威検出エンジンの変更内容の詳細は、Sophos Threat Detection Engine リリースノートを参照してください。

修正された問題点

ID

説明

MACEP-3668

APFS 上のファイルの拡張属性を読み取る際に、まれにカーネルパニックが発生する問題を修正しました。

MACEP-3722

インストーラに EULA と個人情報保護のリンクが表示されるようになりました。

バージョン 9.7.7

本リリースでは互換性が改善されています。

アップデートされたコンポーネント

脅威検出エンジンが 3.74.0 に更新されました。脅威検出エンジンの変更内容の詳細は、Sophos Threat Detection Engine リリースノートを参照してください。

修正された問題点

ID

説明

MACEP-3454

特定の USB-C デバイスを接続している状態でシステムを起動すると、一部のシステムが応答しなくなる問題を修正しました。

既存の問題点および制限事項

ID 説明
MACEP-1054 Web Protection と OS X El Capitan (10.11) のペアレンタルコントロールと併用したときに発生する問題

OS X El Capitan (10.11) で、Web Protection が有効になっている状態では、ペアレンタルコントロールでブロックされたサイトに対してペアレンタルコントロールのブロックメッセージが表示されず、空白のページが表示されます。

  SAV OS X インストーラによる初回の自動アップデートで、フルバージョンの SAV OS X がダウンロードされます。
DEF89762 「Finder」のコンテキストメニューの「Sophos Anti-Virus で検索する」という項目が正しく表示されないことがあります。
  感染ファイルを隔離フォルダにコピーする際に発生する問題

イミディエートスキャナが、感染しているファイルを隔離フォルダに移動またはコピーすると、オンアクセススキャナによってアクションが中断されます。この原因は、隔離フォルダにファイルを隔離する際に、隔離フォルダが Spotlight によってインデックス処理されるためです。この問題を回避するには、Spotlight の設定で隔離フォルダを除外するフォルダのリストに追加してください。

  一部の設定を変更した際に SEC で警告が表示されなくなる

Sophos Anti-Virus のアップデート初期設定ページで、次のいずれかのように設定を変更した場合、Sophos Enterprise Console に「ポリシーと異なる」という警告が表示されなくなります。..

  • セカンダリロケーションからのアップデートを無効にする。
  • プライマリプロキシーやセカンダリプロキシを「システムのプロキシ設定を使用する」や「プロキシを使用しない」に設定する。

追加情報

  • Sophos Enterprise Console の Web コントロール機能に対応していません。
  • OS X の認証キャッシュングによって、アップグレード直後、「環境設定」パネルをロック解除できない場合があります。「環境設定」パネルをロック解除するには、ログアウトし、再度ログインする必要があります。
  • Sophos Anti-Virus をインストール後、コマンド「Sophos Anti-Virus で検索する」は「Finder」のショートカットメニューに直ちに表示されません。Mac にログインし直すと表示されます。
  • Sophos Anti-Virus をアンインストールしたにもかかわらず、コマンド「Sophos Anti-Virus で検索する」が「Finder」のショートカットメニューに表示されます。Mac にログインし直すと表示されなくなります。
  • Sophos Enterprise Console と Sophos Control Center で、「ウイルス警告」、「検索エラー」または「その他のエラー」に関するメール警告を設定できます。しかし、Mac OS X コンピュータは「検索エラー」オプションに対応していないため、これらの警告は送信されません。

サポート

ソフォス製品のテクニカルサポートは、次のような形でご提供しております。

利用条件

Copyright © 2019 Sophos Limited. All rights reserved. この出版物の一部または全部を、電子的、機械的な方法、写真複写、録音、その他いかなる形や方法においても、使用許諾契約の条項に準じてドキュメントを複製することを許可されている、もしくは著作権所有者からの事前の書面による許可がある場合以外、無断に複製、復元できるシステムに保存、または送信することを禁じます。

Sophos および Sophos Anti-Virus は、Sophos Limited および Sophos Group の登録商標です。その他記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。