エンドポイント

Sophos Anti-Virus for UNIX 9 Preview リリースノート

2014年 7月

このリリースノートについて

このリリースノートは Sophos Anti-Virus for UNIX Preview (Sophos Enterprise Console による管理型 / スタンドアロン型) のリリースノートをまとめたものです。

このリリースノートで説明する機能の中には、管理下のコンピュータのみで使用できるものや、該当するライセンスをお持ちの場合のみに使用できるものがあります。

注: 以下の一覧にある最新バージョンは、リリースノートの公開時点でダウンロードできる状態になっていない場合があります。これはソフトウェアのリリースが数日間にわたって行われるのに対し、リリースノートはソフトウェアリリース初日に公開されるためです。

バージョン 9.7.0、2014年 7月

コンポーネント

Sophos Anti-Virus (SAV) 9.7.0
脅威検出エンジン 3.53.0

このバージョンに新しく追加された機能

  • この製品から、ソフォスに匿名で使用情報が送信されるようになりました。この情報は、製品の品質とテスト内容を向上させるために活用させていただきます。詳細は、サポートデータベースの文章 121214 を参照してください。
  • 信頼性を向上させるため、RMS に新しいアダプタが追加されました。これによって、強制終了が発生すると、RMS のコンポーネント (mrouter および magent) が再起動します。このアダプタを使用して RMS を定期的に再起動する場合は、
    RestartIntervalHours=<時間>
    を $INST/etc/sophosmgmtd.conf に追加してください。
  • 脅威検出エンジンおよび脅威データが更新されました。

修正された問題点

ID 説明
SUG95841 ソフォスから直接アップデートするパッケージの作成機能を追加する。

アップデート元としてソフォスを指定できるよう、インストールパッケージ (mkinstpkg.sh) 作成用のスクリプトを変更しました。

DEF85504 無効なオプションを指定してアンインストールスクリプトを実行すると、インストールのヘルプが表示される。

これまで、無効なオプションを指定して uninstall.sh を実行すると、インストール用のオプションの一覧が表示されました。アンインストールのオプションの一覧が正しく表示されるようになりました。

SUG65114 Sophos Anti-Virus で HTTP プロキシを使用できないようにする。

プロキシの使用を savconfig で禁止できます。詳細は、savconfig の man ページを参照してください。

DEF95670 アップグレードまたはダウングレードした場合、Enterprise Console に間違ったバージョン番号が表示される。

(Preview バージョンと Recommended バージョンなど) 脅威検出エンジンと脅威データが同じバージョン間でアップグレードまたはダウングレードした場合、Enterprise Console でバージョン番号が更新されませんでした。この問題は修正され、正しいバージョン番号が表示されるようになりました。

DEF96222 サーバーとの通信を処理する RMS が正常に起動しない。

この問題は修正されました。SEGV エラーの発生後、sophosmgmtd アダプタが、RMS コンポーネント (mrouter および magent) を再起動するようになりました。

WKI95940 サーバーとの通信を処理する RMS が初期化せず、Messages.txt が、sav-rms エラーメッセージで急速に一杯になる。

この問題は修正されました。sophosmgmtd アダプタが、RMS コンポーネント (mrouter および magent) の再起動を管理するようになりました。

DEF87381 クラスタソフトウェアがネットワークアダプタの設定を変更した際、RMS コンポーネントの mrouter がコアダンプを生成する。

この問題は修正されました。SEGV エラーの発生後、sophosmgmtd アダプタが、mrouter を再起動するようになりました。

WKI79953 RMS コンポーネントの magent がコアダンプを生成する。

この問題は修正されました。SEGV エラーの発生後、sophosmgmtd アダプタが、magent を再起動するようになりました。

SUG80323 RMS が Enterprise Console に定期的に「ハートビート」メッセージを送信するように設定する。

この機能が適用されました。定期的に再起動が行われるよう、sophosmgmtd アダプタを設定することができます (これによってメッセージが強制的に送信されます)。

DEF95777 AIX および HP-UX 環境で、Sophos Anti-Virus のアップグレードまたはダウングレード後、古いバージョンの libsavi が削除されない。

ファイルが正しく削除されるよう修正されました。

WKI90119 AIX 7 環境で、RMS コンポーネントの mrouter が、エラーを表示せずにコアダンプを生成する。

この問題は修正されました。sophosmgmtd アダプタが、RMS コンポーネント (mrouter および magent) の再起動を管理するようになりました。

WKI96776 Solaris 10 環境で、RMS が頻繁に再起動する。

この問題は修正されました。sophosmgmtd アダプタが、RMS コンポーネント (mrouter および magent) の再起動を管理するようになりました。

DEF95169 AIX 環境で、インストールパッケージ作成用のスクリプトが、サポートしていないオプションを指定して実行しようとする。

この問題は修正されました。未対応の -r オプションおよび -rpm オプションは、mkinstpkg で無視されるようになりました。

バージョン 9.6.1、2014年 4月

コンポーネント

Sophos Anti-Virus (SAV) 9.6.1
脅威検出エンジン 3.51.0

このバージョンに新しく追加された機能

  • 脅威検出エンジンおよび脅威データが更新されました。

修正された問題点

なし

バージョン 9.6.0、2014年 3月

コンポーネント

Sophos Anti-Virus (SAV) 9.6.0
脅威検出エンジン 3.50.2

このバージョンに新しく追加された機能

  • 脅威データが更新されました。

修正された問題点

なし

バージョン 9.6.0、2014年 2月

コンポーネント

Sophos Anti-Virus (SAV) 9.6.0
脅威検出エンジン 3.50.2

このバージョンに新しく追加された機能

  • 脅威検出エンジンおよび脅威データが更新されました。

修正された問題点

なし

バージョン 9.5.5、2014年 1月

コンポーネント

Sophos Anti-Virus (SAV) 9.5.5
脅威検出エンジン 3.50.1

このバージョンに新しく追加された機能

  • 脅威検出エンジンおよび脅威データが更新されました。

修正された問題点

ID 説明
DEF94376 Solaris 11環境で disableOnBoot オプションが動作しない。

Solaris 11 環境で Sophos Anti-Virus をアップデートすると、disableOnBoot オプションを指定して阻止した場合でも、RMS サービスが再有効化されます。これによって、インストールは「管理型」になります。

DEF94234 ソフォスのサーバーから直接アップデートを実行している場合、メインのサーバーが利用できなくなるとアップデートに失敗する。

ソフォスのサーバーから直接アップデートを実行している場合、メインのサーバーで障害が発生してもバックアップサーバーが利用されず、アップデートに失敗します。

DEF93898 エンドポイントによって、プライマリやセカンダリのアップデートロケーションが Enterprise Console に正しくレポートされない。

エンドポイントコンピュータがポリシーに準拠しており、最新の状態であっても、Enterprise Console の「コンピュータの詳細」や「アップデートの詳細」に、プライマリやセカンダリのアップデートロケーションが表示されないことがあります。

DEF93016 Web UI のログビューアで、ログメッセージが改行なしで表示される。

アップデートに関する長いメッセージを表示する際、読みにくい、改行のない長いテキストがログに表示されます。

DEF92615 savscan で、/opt/sophos-av/var/spool/ への savscan ログの送信が一般ユーザーに対して許可される

ユーザーは、-p=<ログへのパス> オプションを使用して、/opt/sophos-av/var/spool に savscan ログを送信できます。その後、メール通知機能は、ファイルを解析して、メールとして配信しようとします。この際、エラーが発生し、メール通知機能によってファイル処理が停止されます。

DEF92612 バージョン 6 から バージョン 7 にアップグレードし、さらにバージョン 9 にアップグレードすると、誰でも書き込み可能なファイルやディレクトリが、Sophos ディレクトリに残される。
DEF91643 Solaris 11 Intel 環境でインストーラが強制終了することがある。

既存の問題点および制限事項

ID 説明
DEF95670 Recommended バージョンから Preview バージョンにアップグレードした場合、またはその逆にダウングレードした場合、Enterprise Console に正しくないバージョン番号が表示される。

Sophos Anti-Virus を Recommended バージョンから Preview バージョンにアップグレードした場合、またはその逆にダウングレードした場合、Enterprise Console に表示される製品のバージョン番号が 更新されません。この現象は、これらのバージョンが同じ脅威検出エンジンと脅威データを使用していることが原因で起こります (バージョン番号の変更は、検出エンジンまたはデータのバージョンが変更された場合に限りレポートされます)。自動アップデートが実行され、Sophos Anti-Virus が新しい脅威データを取得すると、Enterprise Console に正しいバージョン番号が表示されます。

-- UNIX システムで指定されているプロセスごとのメモリ制限によって、Sophos Anti-Virus が正常に動作しないことがある。

IBM AIX システムの場合、Sophos Anti-Virus はデフォルトの「最大データ セグメント」サイズよりも多くのメモリ量を必要とします。この上限値を増やす方法の詳細は、www.sophos.com/ja-jp/support/knowledgebase/118805.aspx を参照してください。

DEF74349 ファイルが隔離されたことが Enterprise Console で表示されない。

Sophos Enterprise Console で管理対象の Sophos Anti-Virus にて、オンデマンド検索でファイルが隔離された場合、ファイルが隔離されたことが savlog には表示されますが、Enterprise Console の「実行したアクション」欄には何も表示されません。

WKI42035

AIX または HP-UX ベースのクライアントに Sophos Anti-Virus を集中インストールし、Enterprise Console でそれらのクライアントを「グループ外のコンピュータ」フォルダから他のグループへ移動すると、コンピュータのリストの「ウイルス対策および HIPS ポリシー」カラムに「ポリシーと異なる」と表示されることがあります。この問題を回避するには、Enterprise Console でクライアントマシンを右クリックし、「ポリシーの適用」を選択します。そして、「グループのウイルス対策および HIPS ポリシー」をクリックします。

DEF38027

インストールやアップグレードの際に表示される入力画で、誤って入力した文字を修正した場合、その際に使用した制御文字 (Ctrl キーや backspace キーなど) が入力文字の一部として保存されてしまうことがあります。これにより、特にアップデート時に問題を生じることがあります。詳細は www.sophos.com/ja-jp/support/knowledgebase/58693.aspx を参照してください。

DEF29605

Solaris バージョン 10 の日本語環境では、CID (セントラル インストール ディレクトリ) から Sophos Anti-Virus をインストールする際に、全角文字を含むインストール先を入力すると、インストールに失敗し、「svccfg: Syntax error」(svccfg: 構文エラー) というメッセージが表示されます。

DEF23317

Sophos Anti-Virus、および SAV Interface を使用するサードパーティ製品がインストールされているコンピュータに Sophos Anti-Virus をインストールする場合、Sophos Anti-Virus ライブラリと脅威データ用の正しい場所を使用するように Sophos Anti-Virus を設定する必要のあることがあります。詳細は www.sophos.com/ja-jp/support/knowledgebase/50230.aspx を参照してください。

-- AIX 環境にある Sophos Anti-Virus および SAV Interface

AIX 上では、コンピュータのメモリが不足している場合、メモリの割り当て機能が存在しないメモリアドレスを返すことがあります。また、このメモリアドレスにアクセスすると、コンピュータがアプリケーションを停止することがあります。ソフォスは、Sophos Anti-Virus や SAV Interface アプリケーションを AIX 上で起動する前に、次のようにして PSALLOC 環境変数の値を「early」に設定することをお勧めします。

PSALLOC=early

PSALLOC を「early」に設定すると、メモリの割り当て機能が存在するメモリのみを割り当てるようになります。この設定により、メモリを割り当てる際に追加のチェックが実行されるためコンピュータの動作が遅くなる場合があります。

追加情報

  • ASCII 以外の文字コードを使用したパスに対するインストール

    ASCII 以外の文字コードを使用して指定したインストール先に Sophos Anti-Virus をインストールすることはできません。

  • 日本語対応について

    Sophos Anti-Virus は、ja_JP.eucJP または ja_JP.UTF8 環境のコンピュータにインストールすることができます。ja_JP.sjis ロケール (Shift-JIS エンコードの 日本語) のコンピュータにインストールすることはできません。

テクニカルサポート

ソフォス製品のテクニカルサポートは、次のような形でご提供しております。

  • 「SophosTalk」ユーザー コミュニティ サイト (英語) (community.sophos.com/) のご利用。さまざまな問題に関する情報を検索できます。
  • ソフォス サポートデータベースのご利用。www.sophos.com/ja-jp/support.aspx
  • 製品ドキュメントのダウンロード。www.sophos.com/ja-jp/support/documentation/
  • メールによるお問い合わせ。ソフォス製品のバージョン番号、OS および適用しているパッチの種類、エラーメッセージの内容などを、support@sophos.co.jp までお送りください。

ご利用条件

Copyright © 2008-2014 Sophos Limited. All rights reserved. この出版物の一部または全部を、電子的、機械的な方法、写真複写、録音、その他いかなる形や方法においても、使用許諾契約の条項に準じてドキュメントを複製することを許可されている、もしくは著作権所有者からの事前の書面による許可がある場合以外、無断に複製、復元できるシステムに保存、または送信することを禁じます。

Sophos、Sophos Anti-Virus および SafeGuard は Sophos Limited、Sophos Group およびウティマコ・セーフウェア AG の登録商標です。その他記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。