Endpoint

Sophos Anti-Virus for UNIX 9

Recommended 版

このリリースノートについて

本書は、Sophos Anti-Virus for UNIX Recommended (Sophos Enterprise Console による管理型 / スタンドアロン型) のリリースノートです。

このリリースノートで説明する機能の中には、管理下のコンピュータのみで使用できるものや、該当するライセンスをお持ちの場合のみに使用できるものがあります。

以下の一覧にある最新バージョンは、リリースノートの公開時点でダウンロードできる状態になっていない場合があります。これはソフトウェアのリリースが数日間にわたって行われるのに対し、リリースノートはソフトウェアリリース初日に公開されるためです。

バージョン 9

コンポーネント

Sophos Anti-Virus

9.16.0

2019年 9月

9.15.1

2018年11月

9.15.0

2017年5月

9.14.1

2017年12月

9.14.0

2017年7月

脅威検出エンジン

3.77.1

3.74.2

3.72.1

3.69.2

3.69.2

バージョン 9.16.0

アップデートされたコンポーネント

バージョン 9.15.1

アップデートされたコンポーネント

  • 脅威検出エンジンを 3.72.1 から 3.74.2 にアップデートしました。脅威検出エンジンの変更内容の詳細は、Sophos Threat Detection Engine リリースノートを参照してください。
  • Python をバージョン 2.7.15 にアップデートしました。
  • OpenSSL を 1.0.2p にアップデートしました。

バージョン 9.15.0

アップデートされたコンポーネント

  • 脅威検出エンジンを 3.69.2 から 3.72.1 にアップデートしました。脅威検出エンジンの変更内容の詳細は、Sophos Threat Detection Engine リリースノートを参照してください。
  • curl をバージョン 7.59.0 にアップデートしました。
  • Python をバージョン 2.7.14 にアップデートしました。
  • libexpat を 2.2.5 にアップデートしました。
  • OpenSSL を 1.0.2n にアップデートしました。
  • boost を 1.66.0 にアップデートしました。
  • Samba を 4.8.0 にアップデートしました。

バージョン 9.14.1 (AIX のみ)

アップデートされたコンポーネント

  • Samba をアップデートしました。詳細は、サポートデータベースの文章 127884 (英語) を参照してください。

バージョン 9.14.0

新機能

  • SMBv2 のサポートを追加しました。
  • OpenSSL を 1.0.2k にアップデートしました。
  • RMS 4.1 を使用するよう製品をアップデートしました。

アップデートされたコンポーネント

  • 脅威検出エンジンが更新されました。脅威検出エンジンの変更内容の詳細は、Sophos Threat Detection Engine リリースノートを参照してください。
  • curl をバージョン 7.54.0 にアップデートしました。
  • zlib をバージョン 1.2.11 にアップデートしました。
  • boost をバージョン 1.59.0 にアップデートしました。
  • SAMBA を 4.6.1 にアップデートしました。
  • libexpat を 2.2.1 にアップデートしました。
  • pycrypto を 2.6.1 にアップデートしました。

修正された問題点

修正された問題点はありません。

既存の問題点および制限事項

ID 説明
-- UNIX システムで指定されているプロセスごとのメモリ制限によって、Sophos Anti-Virus が正常に動作しないことがある。

IBM AIX システムの場合、Sophos Anti-Virus はデフォルトの「最大データ セグメント」サイズよりも多くのメモリ量を必要とします。この上限値を増やす方法の詳細は、www.sophos.com/ja-jp/support/knowledgebase/118805.aspx を参照してください。

DEF74349 ファイルが隔離されたことが Enterprise Console で表示されない。

Sophos Enterprise Console で管理対象の Sophos Anti-Virus にて、オンデマンド検索でファイルが隔離された場合、ファイルが隔離されたことが savlog には表示されますが、Enterprise Console の「実行したアクション」欄には何も表示されません。

DEF38027

インストールやアップグレードの際に表示される入力画で、誤って入力した文字を修正した場合、その際に使用した制御文字 (Ctrl キーや backspace キーなど) が入力文字の一部として保存されてしまうことがあります。これにより、特にアップデート時に問題を生じることがあります。詳細は www.sophos.com/ja-jp/support/knowledgebase/58693.aspx を参照してください。

DEF29605

Solaris バージョン 10 の日本語環境では、CID (セントラル インストール ディレクトリ) から Sophos Anti-Virus をインストールする際に、全角文字を含むインストール先を入力すると、インストールに失敗し、「svccfg: Syntax error」(svccfg: 構文エラー) というメッセージが表示されます。

DEF23317

Sophos Anti-Virus、および SAV Interface を使用するサードパーティ製品がインストールされているコンピュータに Sophos Anti-Virus をインストールする場合、Sophos Anti-Virus ライブラリと脅威データ用の正しい場所を使用するように Sophos Anti-Virus を設定する必要のあることがあります。詳細は www.sophos.com/ja-jp/support/knowledgebase/50230.aspx を参照してください。

-- AIX 環境にある Sophos Anti-Virus および SAV Interface。

AIX 上では、コンピュータのメモリが不足している場合、メモリの割り当て機能が存在しないメモリアドレスを返すことがあります。また、このメモリアドレスにアクセスすると、コンピュータがアプリケーションを停止することがあります。ソフォスは、Sophos Anti-Virus や SAV Interface アプリケーションを AIX 上で起動する前に、次のようにして PSALLOC 環境変数の値を「early」に設定することをお勧めします。

PSALLOC=early

PSALLOC を「early」に設定すると、メモリの割り当て機能が存在するメモリのみを割り当てるようになります。この設定により、メモリを割り当てる際に追加のチェックが実行されるためコンピュータの動作が遅くなる場合があります。

追加情報

  • ASCII 以外の文字コードを使用したパスに対するインストール

    ASCII 以外の文字コードを使用して指定したインストール先に Sophos Anti-Virus をインストールすることはできません。

  • 日本語対応について

    Sophos Anti-Virus は、ja_JP.eucJP または ja_JP.UTF8 環境のコンピュータにインストールすることができます。ロケールが ja_JP.sjis (Shift-JIS エンコードの 日本語) に設定されているコンピュータにインストールすることはできません。

テクニカルサポート

ソフォス製品のテクニカルサポートは、次のような形でご提供しております。

利用条件

Copyright © 2019 Sophos Limited. All rights reserved. この出版物の一部または全部を、電子的、機械的な方法、写真複写、録音、その他いかなる形や方法においても、使用許諾契約の条項に準じてドキュメントを複製することを許可されている、もしくは著作権所有者からの事前の書面による許可がある場合以外、無断に複製、復元できるシステムに保存、または送信することを禁じます。

Sophos、Sophos Anti-Virus および SafeGuard は Sophos Limited、Sophos Group およびウティマコ・セーフウェア AG の登録商標です。その他記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。